初盆 アーカイブ - 埼玉厄除け開運大師

初盆

初盆の意味 初盆(はつぼん)とは、故人様がお亡くなりになられてから、四十九日の忌明け後に初めて迎えるお盆の行事のことを言います。初盆とは、新盆(あらぼん、しんぼん、にいぼん)などとも呼ばれていますが全国的には初めて迎えるお盆なので、「初盆」と呼ぶ地域が多いと言われています。 忌明けとは 今はお亡くなりになられたご遺体を火葬していますが、その昔、日本では風葬を行っていました。亡くなられたご遺体は、「つき(津城)」とよばれている林の中にまず置き、白骨化するのを待ってから風葬することが風習となっていま[…続きを読む]

初盆での供養の行い方 

初盆とは 初盆とは、故人が初めて迎えるお盆のことを指します。 地域によっては、初盆(はつぼん・ういぼん) 新盆(にいぼん・あらぼん・しんぼん)などと呼ばれる事があります。 正確には故人が亡くなって、四十九日の法要を過ぎてから初めて迎えるお盆のことを初盆といいます。つまり亡くなってからその年のお盆が四十九日前であった場合は、初盆は翌年に迎えることになります。 お盆はもともと亡くなった人やご先祖様を迎え供養する行事ですが、初盆は故人が亡くなってから初めて家に戻ってくる日とされているため、親族以外にも[…続きを読む]

初盆(新盆)の時期

初盆(新盆)と は 初盆(はつぼん)とは、故人様が亡くなられて最初に迎えるお盆の行事のことです。地域によって様々ですが、新盆(にいぼん)とも呼ばれます。初盆の時期も地域によって異なることや、故人様の命日によって分かりづらい場合もありますので、初盆をする時期について解説していきます。 新盆(新盆)とはいつの時期に行うのか 先ほどお話ししたように、初盆(新盆)とは最初に迎えるお盆の行事のことを指しますが、地域によって時期や迎え方が様々です。とくに注意しなければいけない点は、故人様のお亡くなりになった[…続きを読む]

初盆(新盆)の費用、時期、準備について

初盆 初盆 と は 初盆(はつぼん)とは、故人様がお亡くなりになられてから、四十九日の忌明け後に初めて迎える行事の事をいいます。初盆とは、新盆(にいぼん、あらぼん、しんぼん)などとも呼ばれています。例えばお盆の数日前にお亡くなりになられたという場合には、翌年が初盆(新盆)になりますし、場合によっては四十九日法要を終えてすぐに初盆という事もあります。   お盆の意味 お盆の正式名称は、「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、ご先祖様や亡くなった方達の霊を祀る行事のことを指します。この行事では、[…続きを読む]