9月20日(祝)より秋限定切り絵御朱印の頒布を開始いたします。 - 埼玉厄除け開運大師

9月20日(祝)より秋限定切り絵御朱印の頒布を開始いたします。


【宇宙に咲く華曼荼羅(天空の華)】について


2019年に限定御朱印帳として授与した「宇宙に咲く華曼陀羅」を御朱印で表現しました。
曼荼羅(マンダラ)は、仏教で仏の世界を表した最も尊い形とされ「多くの神仏のめぐみ、ご利益が十分に備わり、最高の幸せの境地(状態)に至る」という意味を持ちます。


当寺の華曼陀羅は仏教最高のご利益を持つ形である「曼荼羅」と、仏の世界に咲き乱れる「蓮の華」を合わせて作られたものです。
また、曼荼羅の原型は宇宙であると言われています。ですから、宇宙(天空)に華曼陀羅が咲く様子を表現し、『天空の華』と名付けました。
『天空の華』御朱印を持つ方が、大きく開く華曼荼羅を通して神仏からのご利益をいただき、幸せな日々を過ごせるようにと願い奉製いたしました。


秋限定重ね切り絵御朱印【紅葉~諸行無常】について

秋限定御朱印は紅葉の色の変化を諸行無常に例え表現しました。

諸行無常とは仏教の重要な教えの1つで「世のすべてのものは、移り変わり、永遠に変わらないものはないということ。」という意味があります。

我々の人間も同じで、人生において時間は常に経過し日々我々は変化していきます。

この御朱印を受けた方の人生が、変化していく日々の中で紅葉のように美しく人々を魅了するような変化が出来ますようにとの願いを込めました。


秋限定切り絵御朱印、重ね切り絵御朱印は11月末までの頒布を予定しております。(なくなり次第早期終了いたします。)

 

➤最初のページに戻る