厄除け・方位除け・開運ご祈願 - 埼玉厄除け開運大師・龍泉寺 埼玉県熊谷市・深谷市・行田市・本庄市

護摩祈願のご案内

各種 護摩祈願のご案内

「護摩祈願」は、皆様の願いが叶いますよう、僧侶が仏様に祈る特別な儀式です。
厄よけ、大開運、方位よけ、家内安全、交通安全など、特に成就したい願い事がある場合は、本堂にてご祈願を承ります。お気軽にご相談ください。

ご祈願の種類

「護摩(ごま)」とは

「埼玉厄よけ開運大師」のご祈願は、「護摩(ごま)」という聖なる炎を使った特別な秘法です。
本堂に設けられた護摩壇の炉に、「護摩木」という特別な薪や供物を入れ、炎とともに祈願成就をお祈りいたします。

数多くある祈願の中でも護摩祈願は、2000年以上の歴史と伝統を持つ由緒正しい祈願方法です。古くから天皇や時の権力者は護摩の力により、国の発展や安定を祈り叶えてきました。

関東唯一の厄除け開運大師である、当寺に祀られている「厄よけ金色大師」、「開運金色大師」、「千手観音菩薩」、「不動明王」「平成安全大観音」「ぼけ封じ観音」ら仏さまのお力と、2000年以上続く護摩の神秘の力。これら2つの力で、皆さまのさまざまなお願いごとの成就を祈願させていただきます。

ご祈願時間

■1月の護摩祈願時間
1月1日~3日は、9時~17時まで1時間ごとに9回のご祈願を行います。
その後は、毎週日曜日13時

■2月の護摩祈願時間
第二、第四日曜日、11日(日)13時、25日(日)13時

■3月の護摩祈願時間
第二、第四日曜日、11日(日)13時、25日(日)13時

■4月の護摩祈願時間
8日(日)13時

■5月以降の護摩祈願時間
5月以降は、毎月第一日曜日13時よりご祈願を行います。

※上記の護摩祈願時間以外の日にも、ご祈願のお札(ふだ)販売は1年を通して行っております。

祈願時間 9時 10時 11時 12時 13時 14時 15時 16時 17時
1月1日
(月)
1月2日
(火)
1月3日
(水)
4月8日
(日)
               
5月6日
(日)
               
6月3日
(日)
               
7月1日
(日)
               
8月5日
(日)
               
9月2日
(日)
               
10月7日
(日)
               
11月4日
(日)
               
12月2日
(日)
               

厄よけ・方位よけ自動計算

あなたの「生年月日、性別」から”平成30年”の厄よけ・方位よけへの該当状況を表示します。
以下の項目を選択して、「自動計算」ボタンを押してください。







「厄よけ祈願」のご案内

古来から伝わる「厄年」とは、一生の中でも病気・ケガ・事故など、さまざまなトラブルや不幸にあうことが多い年齢であり、気をつけなければいけない時期だと言われています。
男性と女性でその年令は異なり、また前厄・本厄・後厄の3年間続くのが大きな特徴です。
ご自身が厄年かどうかわからない方は、下記の早見表で確認してみましょう。

当寺の御本尊、黄金に輝く「厄除け金色大師」は、厄よけに大いなる力を発揮してくださるお大師様です。
厄年にあたる年齢の方は厄災が身に降りかからないよう、ぜひ「厄よけ祈願」をお受けください。
神仏のご加護により、心穏やかで幸せな一年にしましょう。

「方位よけ祈願」のご案内

九星気学の考え方から、自分の生まれ年が「凶方位(災いが起きる不吉な方位)」に該当してしまった年に、その災いを避けるために行う祈願が「方位よけ祈願」です。厄年とは違い、男女の区別はありません。
この「凶方位」に生まれ年が該当してしまう年は、肉体的にも精神的にも運勢の衰退期にあたり、さまざまな災い(病気、ケガ、事故、様々なトラブルや不幸)が起こると言われています。古来よりこの時期には神仏の加護を得られるよう、「方位よけ」の祈願を受けるべきと言われてきました。

現代では厄年の方が注目されがちですが、凶方位も厄年と同じぐらい注意しなければいけない年です。下の早見表で凶方位に該当される方は、「方位よけ」のご祈願で、災いのない1年を祈りましょう。

九星早見表

「大開運祈願」のご案内

「大開運祈願」とは、当寺の秘仏であるご本尊、開運金色大師さまのお力により、大きく運が開き、幸福に向かうように願う祈願となります。こちらの祈願は、以下のような方におすすめです。

◯三大運をはじめ、運気を上げたいものごとがある方

自己運(健康運、仕事運、金運、勝負運)、環境運(家庭運、職場運、学校運)、対人運(人間関係運、結婚運、恋愛運、子宝運)、これらの3つを「三大運」といいます。
三大運の運気を上げたい方はもちろん、新たに何かにチャレンジする方、就職や転職、結婚、進学、引っ越しなど、新たな環境に身を置く方の運を切り開き、幸福に向かうようご祈祷いたします。

◯厄年ではないが、大きなお悩みがある方

「厄年」は、大きな厄災が身に降りかかりやすいと言われている時期です。しかし厄年でなくても、大きな悩みを抱えていたり、トラブルに見舞われることももちろんあります。たとえば「健康の悩み」「仕事や職場の悩み」「お金の悩み」「子育ての悩み」「家庭の悩み」「介護の悩み」「人間関係の悩み」「恋愛や結婚の悩み」など、人生が上手くいかないと感じられる時は、運気が弱まっている証拠です。
当寺の開運金色大師には、運気が弱まっている方の運気を上げ、お悩みを解決し人生を良い方向へ導くお力があります。「大きなお悩み」を感じられている方はぜひ、当寺の「開運金色大師」のご加護を祈る「大開運祈願」をお受けください。

「大開運祈願」は通常の祈願と大きく違い、開運祈願後に開運の力を込めた「大開運帳」に祈願者さまのお名前を記させていただきます。そして1年間、開運大師様のご縁日である毎月21日にお経と一緒にお名前を読み上げ、開運大師さまと祈願者さまを結び、大きな開運のお力を送り続ける祈願となります。

おふだの種類と料金

特別大護摩札 2万円
サイズ:W11㎝×H48㎝
大護摩札 1万円
サイズ:W10㎝×H45㎝
普通護摩札 5千円
サイズ:W7.5㎝×H36cm
小護摩札 3千円
サイズ:W6.5㎝×H30㎝

交通安全札

交通安全のお札です。車内に掛けられる小型のお札となっております。交通安全のお札の表には、祈願をされる方のお名前をお入れします。

交通安全 2千円
サイズ:W4㎝×H12㎝

願い事の種類と意味

◎厄除け(やくよけ)

厄除け(やくよけ)厄年にあたる人の厄を払い、一年間の平穏無事や幸福を祈願いたします。

◎方位除け(ほういよけ)

自分の生まれ年が「凶方位(災いが起きる不吉な方位)」に該当してしまった年に、その災いを避けるための祈願をいたします。

◎大開運(だいかいうん)

開運金色大師さまのお力により、大きく運が開き、幸福に向かうように祈願いたします。

◎家内安全(かないあんぜん)

ご家族皆様が健康で安全に過ごせるよう、ご家庭の安全を祈願いたします。

◎交通安全(こうつうあんぜん)

交通事故に合わないよう、安全を祈願いたします。

◎商売繁盛(しょうばいはんじょう)

商売の成功・繁盛を祈願いたします。

◎身体安全(しんたいあんぜん)

病気や怪我などをせず、健康で安全に過ごせるようよう心身の安全を祈願いたします。

◎病気回復(びょうきかいふく)

病気やけがなどからの回復を祈願いたします。

◎合格(ごうかく)

受験や資格試験などの合格を祈願いたします。

◎心願成就(しんがんじょうじゅ)

心の中で思っている事・願い事が叶うように祈願いたします。

◎安産(あんざん)

安産を祈願いたします。

◎職場安全(しょくばあんぜん)

職場の安全無事を祈願いたします。

◎健康長寿(けんこうちょうじゅ)

健康で長生きできるよう祈願いたします。

◎事業繁栄(じぎょうはんえい)

事業の成功・繁栄を祈願いたします。

◎工場安全(こうじょうあんぜん)

工場で事故や災難がないよう、安全無事を祈願いたします。

◎癌封じ(がんふうじ)

癌の治癒はもちろん、癌にならないよう、再発・転移のないように祈願します。

◎必勝祈願(ひっしょう)

仕事やスポーツなどの勝負ごとで勝利するように祈願いたします。

護摩祈願の流れ

  1. 受付をする
    ご祈願受付所にて申し込み用紙にご記入のうえ、ご祈願料を添えてお申し込みください。
    ご祈願時間はこちらからご確認ください。

  2. ご祈願を受ける
    お申し込み終了後、本堂にお入りいただき護摩(ごま)のご祈願をお受けください。

  3. お札を受け取り、自宅や職場にお祀り(飾る)する。
    ご祈願が終了後、お札をお渡しいたします。ご自宅・会社等にお持ち帰りいただき、神棚や仏壇に袋から出してお祀りください。

    神棚や仏壇がない方は、寝室、または日常を過ごすお部屋の棚や机の上など、少し高い場所に袋から出して1年間お祀りください。

    ※お持ち帰りいただけない場合は、当寺での安置も可能です(預かり料:無料)
    一年間、本堂に安置し、年末に責任をもってお焚き上げいたします(お焚き上げ:無料)
    ※ご祈願したお札の郵送も受け付けています(送料:500円、お札の合計金額が1万円以上の場合は送料無料でお送りいたします)

  4. 1年後お寺にお札を返し、お礼参り(おれいまいり)をする
    お礼参りとは、1年間お世話になったお札やお守りに感謝の気持ちを込め、お寺に返すことです。護摩のお札やお守りの効力は1年ですので、1年経過後必ず当寺にお持ちください。

    返却所がございますので、古いお札やお守りを納めて、新しいお札・お守りをお受けください。もしお越しいただけない方は、下記の住所にご返送いただけましたら、こちらで丁寧にお焚き上げ致します。

    〒360-0843埼玉県熊谷市三ヶ尻3712 
    埼玉厄よけ開運大師 龍泉寺

護摩祈願のお申込み方法と・郵送でのお札授与に関して

お申込みについては、当日申し込みと事前申込みの2種類がございます。

当日申し込み・・・直接当寺にお越しください。

事前申し込み・・・お電話かお申し込みフォームからお申し込みください。

※事前申し込みをいただくことでお札の受け取りをスムーズに行うことができます。
また、直接お寺にお越しになれない方には、郵送でのお札授与も承ります。(送料500円)
詳しくはお電話でお問い合わせください。

▶お電話はこちら

▶お申込みフォームはこちら

正しいおふだの祀り方

◎お札を置く場所を選びましょう

神棚や仏壇がなくても、お札はお祀りすることができます。お札は本来、神棚や仏壇に祀るものとされてきましたが、今日の住宅事情では、神棚や仏壇がないご家庭も非常に多くなっています。
こうした場合、ご自身や家族が親しみを込めて、毎日お参りのできる場所を第一に考えるとよいでしょう。祀る場所よりも、尊ぶ心を持って、日々丁寧におまつりすることの方が大切です。

神棚や仏壇がある方・・・神棚や仏壇をきれい掃除し、袋から出して1年間お祀り下さい。

神棚や仏壇がない方・・・寝室またはいつもいる部屋の棚や机の上など、少し高い場所に袋から出し、1年間お祀りください。

◎お札を飾るときは、正しい向きで

お札の正面が南、もしくは東側を向くようにお飾り下さい。

◎お札へのお祈り作法

なるべく毎日、願い事が叶うように手を合わせてお祈りしましょう。

◎1年経ったらお札(ふだ)を取り換える

1年間お守りいただいたことに感謝を申し上げてから、古いお札を当寺のお札返却所へ納めていただき、新しいお札をお受け下さい。